【ミニロト予想・攻略法@情報館】確率の謎にせまる


ミニロトに関する情報をご紹介

【ミニロト豆知識】

当選金譲渡で税金かかる?

本人以外の口座に当選金を入金することとなった場合、税金の問題が発生することをご存知でしょうか?
本人が本人名義の口座を活用するのは、まったく問題なのですが、別の名義などになると話が変わってくるのです。
要するにこれは結構注意しなければならないことですし、贈与税というものに位置づけされるので、この機会に覚えておきましょう。
それではどういったケースがあるのかを解説していきたいと思いますので、参考にしていってください。

めでたくミニロトを購入して、当選金を受け取ることとなったとしましょう。そこから入金されました。
その後に他人などにその現金を与えてしまった場合に、贈与税が発生することとなるのです。
ですから、やはり本人以外に当選したお金を与えてしまうと、その時点で贈与税が発生する仕組みとなっているわけです。
当たったから、お金に困っている知人に・・・なんて思っていると、そこでも税金が発生しますから注意するようにしてください。

ただ、これはあまりにも無責任なものといってもいいですよね。実は、しっかりと当選金を受け取る際にある手続きをすれば、これらの税金が発生しない措置もあるんです。
つまりはミニロトなどで購入した金額に対して、出資した割合というものを予め決めておきます。(知人などと同時購入した場合など)
そこで当選受け取り額というものが決定することとなります。そうすうれば、法律上、贈与税が発生せずにそれぞれが受け取れる仕組みになっています。
ですから、手続きをすればOKということになるわけです。非課税扱いにするためには面倒ではありますが、やはりお金のことに関しては、何事も簡単にはいかないということをしっかりと覚えておきましょう。

▲このページの上部へ